学園紹介

沿革

1905年(明治38)年、創立者・加藤利吉先生が仙台の地に開いた『育英塾』。
この私塾が、飛躍、発展し、現在の仙台育英学園があります。
112年におよぶ学園発展の歴史の中には創立者が唱えた建学の精神、
「至誠」「質実剛健」「自治進取」の“こころ”が息づいています。

1882年(明治15年)
学園創立者・加藤利吉先生、福島県若松大町名小屋町141(現会津若松)に生まれる。
1905年(明治38年)
加藤利吉先生、仙台市東四番丁に私塾「育英塾」を創立。高等教育機関受験希望者を対象に英語、数学を教授。「学校法人 仙台育英学園」の原点はここにある。
1913年(大正2年)
仙台市東七番丁に設立された「仙台育英学校」の学則には育英塾創立の建学の精神が、明確な形で打ち出されている。加藤利吉先生はこれを後に三つの指標として集約し、「至誠」「質実剛健」「自治進取」とされた。現在まで一貫している建学の精神である。
1922年(大正11年)
私立仙台育英中学校開校。創立者・加藤利吉先生が校長に就任する。
1945年(昭和20年)
戦災により外記丁の校舎消失。以後、仙台市立上杉山国民学校、次いで仙台市立長町国民学校において授業継続。
1946年(昭和21年)
宮城野の現在地に旧陸軍用地の一部、約7,000坪の校地を確保
1948年(昭和23年)
財団法人仙台育英学園設立認可。学制改革により私立・仙台育英学園高等学校開校。私立仙台育英中学校を併設。
1949年(昭和24年)
宮城野原に新築校舎第一期工事落成移転。
1951年(昭和26年)
学校法人仙台育英学園設立認可。
加藤利吉先生が理事長に就任。
1956年(昭和31年)
仙台育英中学校閉校。
1963年(昭和38年)
本校からアメリカ、オレゴン州クースベイ高校に留学生1名を送り、米国から交換留学生1名を受け入れる。初の交換留学実施
仙台東ロータリークラブの提唱により国際奉仕クラブ「インターアクトクラブ結成」。(高校では日本初)
1965年(昭和40年)
宮城野校舎第二北辰、図書館、体育館を火災により焼失。
1984年(昭和59年)
仙台育英学園高等学校、全日制普通科総合コース制を導入。
1986年(昭和61年)
外国語コースを新設(女子40名入学)男女共学制の開始
1987年(昭和62年)
カナダ、BC(ブリティッシュ・コロンビア)州、スティーブストン高校他4校と姉妹校提携初の国際理解教育協力推進校(姉妹校提携)
1991年(平成3年)
多賀城校舎起工式を挙行
1996年(平成8年)
創立100周年記念事業ビデオドラマ加利吉先生物語『北の国』へ撮影開始
仙台育英学園創立者加利吉先生物語『ほえろ!ライオン先生』刊行
仙台育英学園秀光中学校開校
理事長・校長加藤昭先生,校長を辞任。新校長に加藤雄彦先生が就任。
1998年(平成10年)
仙台育英学園高等学校通信制課程開設
2001年(平成13年)
学校法人光星学院の協力のもと広域通信制課程「ILC青森」を設置。
2003年(平成15年)
東北私学初の中等教育学校 秀光中等教育学校開校
2004年(平成16年)
「英松庵」茶室びらき(多賀城校舎北辰館)
2005年(平成17年)
学園創立100周年
2006年(平成18年)
河北文化賞受章(一世紀にわたる個性尊重教育による有為な人材の育成に寄与した功績による。)
5.22 「I-Lion Day」制定。
2007年(平成19年)
加藤 昭理事長先生が退任
理事長に加藤雄彦校長先生が就任
宮城野校舎再開発工事開始(鵬翼・記念 2 号館・東門解体)
2010年(平成22年)
広域通信制課程「ILC宮城」、開講。
本学園と米国との教育交流45周年を記念してアメリカ合衆国ハワイ州ホノルル市にILHA(I-LION HAWAII SCHOOL)を開校。
2011年(平成23年)
東日本大震災で宮城野校舎の被害甚大(「栄光」「記念 1 号館」「南冥」は補修困難となった。)
理事長・校長加藤雄彦先生がキューバ共和国国家評議会有効勲章を受章
2013年(平成25年)
宮城野新校舎完成。
2014年(平成26年)
広域通信制課程ILC沖縄開校
2015年(平成27年)
東北で唯一の国際バカロレア(IB)認定校として正式に決定する

学園創立者 加藤利吉物語「北の国へ」(短縮版)