広域通信制課程

学びの特色

  •  
  •  
  •  

毎日の生活を自分なりのプランで。

通信制課程は全日制とくらべると、時間的な自由度が高くなっています。そのため、仕事をしたり、将来の目標をかなえるためのさまざまな取り組みをする時間があり、充実した生活を自分でつくっていくことのできる楽しさがあります。
中学校からの進学だけでなく、他校で1、2年間学んでからの入学や、一度就職してからの入学など、通信制課程への進学は多様になってきました。

学びたい単位を自分で選べます。

学びたい科目を自分で選んで、学習の計画を立て、単位を取得し、自分の意志で目標の達成に向けて取り組んでいくことができます。 また、平日にもっと学びたい人のために宮城野学習センターで個別学習指導も実施しています(ILC宮城)。

Lネットで自分のペースでどこでも学べます。

Lネットは、好きな時にどこからでもインターネットを通してアクセスできる授業です。仕事や趣味の時間にあわせて自分のペースで学べ、好きな場所で集中して勉強に取り組むことができます。

単位取得のための学び、SRT

定められたレポートを提出して、週に1~2回のスクーリングを受け、2回のテストに合格すれば、単位が認定されます。

スクーリング【 面接指導 】

毎週土・日曜日に実施される集団スクーリング※、または個別の事情により受講する火曜日から金曜日の個別スクーリング、さまざまな面接形式で学習を円滑に進めていくことができます。定期考査直前の対策講習も計画します。

レポート【 課題報告 】

自学自習を基本にする通信制でもっとも大事なのは、報告課題の作成と提出です。スクーリングや教科書・学習書などで学習したことをまとめ、レポート(報告課題)を作成し、提出(郵送)します。教科ごとに半期に3~5枚程度が目安です。

テスト【 期末テスト 】

テストは年2回、前期末と後期末に実施されます。レポートやスクーリングで学習した内容から出題されるので、報告課題を毎回しっかりクリアしていれば心配ありません。

※スクーリング…日曜日および土曜日のあらかじめ指定された日(青森は日曜日のみ)。教科や単位数によって参加回数が異なります。日曜日は年間30回、半期ごとに15回設定されています。

学習の進め方

所定の単位を取得すれば、本学園の卒業証書が授与され、高等学校を修了した資格が得られます。大学進学や専門学校への道も開かれます。