広域通信制課程

卒業生からの
メッセージ

【2018.3】
  • ILC青森
  • ILC宮城
  • ILC沖縄
  • MESSAGE01

    3年間学校に通えたことが次の目標につながりました

    S.E.

     「同じ年の同級生はとっくに卒業して何年か経っているのに、今さら高校って」、とまわりに言われ続けてもう3年。
     自分でもちゃんと頑張れるのか、家事や育児や仕事と両立できるのか不安でした。でも担任の先生のサポートをはじめ、多くの先生方の優しさのおかげで卒業することができます。
     いま3年間を振り返ってみるとスクーリングは休むことが多かったし、レポートの提出期限は過ぎているし、テストの結果も毎回ダメダメで、単位を落としそうになるなんてあたり前みたいになって…。今思えば先生方は優しくサポートしてくださって、たまに甘やかしていただいて(笑)。学校は自分の中で嫌いな場所でしかなかったのに、ここは新鮮でした。学校に来るのが楽しいと思うことができたのも、先生方のおかげです。
     今後は医療事務を目指そうと思い、また学校に通いたいと思っています。ここで学んだことを生かせるよう、卒業しても教科書を見て勉強したり、化学記号など医療に関することをノートに書いたりしようと思っています。
     仙台育英の通信制に3年間通うことができたのだから、また次の目標も、育児や家事をやりながら、自分なりに頑張ってみようと思います。
     3年間ありがとうございました。

    MESSAGE02

    「自分の人生だから焦らなくていい」先生の言葉に救われました

    M.S.

     私は後期の10月から入学しました。入学する前は不安でいっぱいでしたが先生方は皆優しく、親切に教えていただきました。課題について聞きに行った時も何時間も付きあっていただけて、感謝してもしきれません。校風が私に合っていたようで、とても楽しく過ごせました。学校に行けなかったり遅れたりした分は後から取り戻せますし、具合が悪くなったら途中で帰り、次に挽回することもできます。自分に合ったスケジュールを組んで取り組めるのが嬉しかったです。
     将来への不安をポロッとこぼした時にも「自分の人生だから、好きなように決めたらいい。全然あせる必要ないよ」と言ってくださった先生がいて、卒業後の進路に悩んでいた私は救われました。小学生の時から一度も、何かになりたいとか、夢を抱いたことはありませんでした。しかし、最近、家事の手伝いをしているうち、料理の楽しさに気付き始めました。自分の作ったものを美味しいと言ってくれる家族がいたり、親のアドバイスを次に作る時に試してみたりしているうち、料理関係の道に進むのもいいかなと思うようになりました。まだこの道に決めた訳ではありませんが、卒業してからもいろいろ自由な選択があると考えると、とてもワクワクします。先生がおっしゃってくださったように、自分の人生なので後悔のないように、ゆっくり悩んで決めていきたいと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました。 

    MESSAGE03

    人生を照らしてくれる光を見つけることができました

    H.Y.

     この学校へ入学したことは、人生の大きなターニングポイントになったと思います。入学して本当に良かったと思いました。前の学校に通っていた当時は、登校するのが嫌で嫌で仕方なかったです。学校をやめたくなった時に父親が見つけてくれたのが、この学校でした。ここで勉強し卒業できることは、これからの人生を照らしてくれる光を見つけられたような気がしました。本当に幸運だったと思います。
     この学校に入学しないと出会えなかったであろう人達と友達になれたことも嬉しかったです。沖縄への修学旅行で初めて会った同じILCの青森と宮城の子達、さらに修学旅行で仲良くなった子と一緒にボランティアや種差ウォーク、登山などにも参加しました。自分の意志で参加し、友達ができたのは本当に嬉しかったです。中学校以来、1年生ぶりに会えた友達もいて驚きました。その子達とプライベートで会って遊んだりするほど仲良くなることができて、自分の社交性が磨かれたかなと思います。
     アルバイトを始めたことも良かったと思います。社会勉強とまでは言えないかもしれませんが、働くということを今のうちに経験できたので、今後の生活にも役立てたいと思っています。
     卒業後は東京電子専門学校へ入学します。情報処理を勉強し、アプリケーション開発等の職に就きたいと思っています。高校とは違い、土日以外は毎日学校へ通うことになります。毎日早起きし、頑張って学校へ通いたいと思います。
     上京して一人暮らしになるので、何でも自分一人でしなくてはいけなくなります。今よりさらに自立して色々な面で大人になれるように頑張ります。

    MESSAGE04

    「南部弁講座」の表現の仕方にとても感動しました

    K.K.

     卒業するにあたって、約3年間の思い出を振り返ってみましたが、学業以外での活動が忙しかった中で唯一思い出せる行事がありました。それは何度か参加した社会人育成講座です。一番心に残っているのは南部弁講座です。とてもおもしろかったです。その話をする前に2番目に心に残っているマナー講座の話をさせてください。この講座の思い出と言えば、とにかく出てくる料理が美味しかったということです。以前フレンチ料理を食べる機会があったのですが、その時は量が少なく感じ、夜になってお腹がとてもすいたことを覚えています。しかし、マナー講座で教えてもらったマナー通りに上品に楽しく会話しながらゆっくり食べることにより、お腹が一杯になって満足感がありました。食べ方でおいしさも違って感じるという、とても良い経験をさせてもらいました。
     南部弁講座はとにかく話がおもしろかったのですが、一番感動したのは、“表現”です。やはり、プロは凄いなと思います。自分は音楽をやっているので、言葉の大切さや、伝えるための抑揚など、細かい部分まで徹底していた点に、同じ表現者として、凄いと思いました。それは普段の話し方にも生かせると思い、とても勉強になりました。このように、普段はできないような様々な経験をさせていただけたことに、とても感謝しています。
     勉強面では、一般常識となる基礎レベルの学力はまだまだ不足していますが、それなりにしっかり学べたのかなと思います。この経験を社会生活の中で生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

    MESSAGE05

    いろいろなイベントで身につけたスキルを社会に出て生かしたい

    C.O.

     高校生活を振り返ってみれば、長いようで短い充実した日々だったと思います。最初は、レポートを提出し、テストを受け、単位をもらうという学校の仕組みなどわからないことばかりで、とても戸惑いました。ですが先生方に優しくサポートしていただき、安心して学校生活を送ることができました。いろいろなイベントで身につけたスキルを今後、社会に出て生かしていければいいなと思います。
     高校卒業後、私は聖徳大学の通信制で学び、まず保育士の資格がほしいと考えています。大学や短大に通わなければ資格を取得できないと諦めていましたが、通信教育などでも資格がとれると聞いて驚きました。今は保育士の資格を取ることだけを考えてがんばっていこうと思いますが、いずれは自分の夢である自衛官になりたいと考えています。 
     通信制で学んだ2年間は、本当にいい経験をさせていただいたと感じています。先生方と向き合うことができ、社会人養成講座ではマナーを学び、社会に出ても恥ずかしくない大切なことを学べたと思います。2年間ありがとうございました。

    MESSAGE06

    わからないことがあったら先生方に確認する習慣がつきました

    M.H.

      私は、高校1年生の時、将来のことで不安になり、交友関係も上手に出来ず、学校を休みがちになりました。そこで母の勧めで、仙台育英学園高等学校の通信制課程へ転入しました。先生方は親切で、苦手な教科もわかりやすく教えていただけて、この学校を選んでよかったと思いました。昔から、勉強でわからないことがあっても、そのまま誰にも聞かずわからないままにすることが多かったのですが、今は、わからないことがあったら先生方に確認して、自分で理解できるまで勉強するようになりました。
     高校2年生の後半からは、進路や将来のことでも相談にのっていただきました。紆余曲折することもありましたが、元々興味のあった美容関係の専門学校への進学も無事決まりました。
     学校行事の「社会人養成講座」では、普段の生活だけでは学ぶことのできないようなマナーや人として覚えておくべきマナーについても学ぶことができて、本当に良い機会だったと思います。
     春からまた、新しい環境で、新しい生活が待っています。今まで学んできたことを、日常生活や学生生活の中で生かしていきたいです。自分が今、思い描いている夢を叶えられるように、また一から頑張っていきます。

    MESSAGE07

    30代での高校再チャレンジ、決断して本当に良かったと思います

    Y.E.

     30代での高校再チャレンジでしたが、あっという間の2年間でした。通信制高校のシステムも何もわからず不安でしたが、とても良い先生方、生徒のみなさんでしたのですぐに慣れることができました。
     高校にはチャンスがあったら入りたいとずっと思っていましたが、気付けば30代。半ば諦めていました。しかし、通信制高校なら仕事と両立して卒業できるということを聞き、仙台育英学園にお話を聞きに行きました。すると「とりあえずやってみたらどうですか?」と言っていただき、入学の決心がつきました。年齢的にも普通のことではないので、あの時「難しい」と言われていたら諦めていたと思います。本当に感謝しています。
     いざ入学してみると、正直なところ決して楽ではありませんでした。自分で時間を作りスクーリングに行き、レポートを提出する。15歳の自分には無理だったと思います。それを当たり前のようにこなす生徒のみなさんは本当にすごいと思います。スクーリングでは、分からない問題をつきっきりで解けるまで教えていただけたので、ちゃんと理解して覚えることができました。
     仙台育英学園に入学、卒業することができ良かったです。今回の経験を、今後の人生に生かし、入学してよかったと思えるようにします。先生方、生徒のみなさん、2年間本当にありがとうございました。

    MESSAGE08

    生まれて初めて本当の自分に向き合えました

    S.K.

     私は小学校の頃まで怖いもの知らずで、何でも勢いと運で進んできました。中学校に上がりコンプレックスや悩み事が増え、さらに低血圧などで昼夜逆転して、少し未来に不安を覚えていました。高校には運良く合格し、何気ない日々を過ごしていました。当時は自分の核をあまり持っておらず、正直に言うと性格はあまり良くなかったです。1年間過ごしているうち、本心と現実を見ることができていないことに気付き、学校を休む日や保健室へ駆け込む日も増えました。そんな中、担任の先生が自宅にいらっしゃり、仙台育英の通信制を勧めてくださり、転校することになりました。ここは先生方が優しく、生徒も友達になりやすく、きれいな校舎で勉強のしやすい、登校しやすい環境でした。
     とても充実し恵まれた環境にいると気付いた瞬間、幼い頃の時のように本心で喜べました。
     高校3年の春、生まれてから18年目でしたが、ようやく本当の自分と向き合えるようになりました。本心で生き、心が喜ぶこと、思わず笑顔になるようなことをしていると、失敗しても生きた心地がしてとても楽しいのです。今の私は、「何があっても自分自身の味方でいること」「どんな私も愛すること」など、希望の持てるものを自分の核に設定しています。
     こんな風に変わることができたのは、反抗期で駄々っ子だった私を支えて受け入れてくれた親や親族、一緒に転向した親友、挨拶をすると笑顔で返してくれる先生方、転校を勧めてくれた前の高校の先生、辛い時期に無愛想ながらも相談に乗ってくれた姉、そして自分自身の愛のおかげです。こんなに立派に成長することができました。私は本当に幸せものです。学生期間はあと1年あるので、今の瞬間を噛みしめて大切に過ごしていくつもりです。仙台育英学園さん、素敵な高校生活を、ありがとう。

    MESSAGE09

    校舎での勉強はとても楽しく、集中して取り組むことができました

    K.K.

     この学校へ入学してから1年と4カ月。この期間がとても早く過ぎたような感じがしました。
     通信制なので一人で黙々と勉強していくものなのかと思っていました。しかし、校舎での勉強はとても楽しく、集中して取り組むこともできました。
     先生方は優しく親しみやすく、休み時間などの空いた時間も気軽に話すことができました。勉強でわからない所を聞きにいった時は、一つ一つを丁寧に教えてくださったので、しっかりと理解したうえで問題を解くことができて、レポートも進めやすくなりました。
     前にいた学校と通信制の学校では、勉強のやり方やスクーリングなどたくさん違う所もありましたが、先生方に助けられながら1年間を過ごすことができました。
     卒業後は、就職をしたいと考えているので、学校で学んだ多くのことを忘れず、社会人として一生懸命働いていきたいです。
     今後の事は、まだ詳しく決めていませんが、自分の就きたい仕事を探したいと思っています。
     ILC青森に入学してからは、自分自身で選択をする場面が多くあったような気がします。ここで身に付けた自己判断をしていく力を、卒業後の生活にも役立てていきたいと思います。

    MESSAGE10

    通信制での学校生活は私の人生で重要な経験となりそうです

    Y.S.

     私は高校2年の途中から仙台育英の通信制へ転入してきました。スクーリングやレポートなど、最初のうちは慣れずに不安があったのを今でも覚えています。そんな中でも先生方のサポートや個人個人で集中することができる環境があったからこそ、すぐに慣れることができたのではないかと思います。
     この1年半ほどでいろいろな経験をし、心境や考え方などがだいぶ変わりました。自分でもこの変化に驚き、喜びを感じています。スクーリングを終えると一人になれる時間もたくさんできるので、この足で様々な場所へ行き、色々なものを見て知識を得たり、家にこもって自分を見つめ直したりすることができました。また、進路で英文科を選んだことで、国際的に見た日本の姿や、国どうしの関係性を知ることができました。他国の言語を学ぶことは、必然的に自国の文化や様々な知識が必要になってくることにも気付くことができました。特に人の少ないスクーリングの日は先生方の貴重なお話を聞くいいチャンスだったので、主に英語系の教科でたくさん質問することができましたし、背中を押してくださるアドバイスもいただくことができました。この学校に入ったことは、私が歩む人生において重要な経験であったと確信しています。これから待ち受ける大学では学業に専念しつつ、ゆとりを持った生活を送ることができるようにがんばりたいです。

  • MESSAGE01

    自分の人生を切り拓いてゆく力をこの学校で得られました

    K.I.

     高校2年の冬、それまで抱えていた腰の違和感が激痛へと変わり、私は学校に通えなくなりました。それから1年、リハビリの効果もあって普通の生活ができるまで回復したものの、当然、留年か転校か、はたまた認定試験を受けるかの選択を迫られました。そして至ったのが「仙台で1年間、1人暮らしで勉強してみよう」という考えでした。平日は予備校で受験の勉強を、休日は仙台育英の通信制で単位取得を。一見ハードと思われるかもしれませんが、高校2年までに取得した単位も反映されるため、無理のない勉強をすることができました。
     私も含め様々な理由で学校へ通えなくなってしまった人はたくさんいると思います。しかし、私たちの人生はまだ始まったばかりなのです。人生はこれからいくらでも変えていけます。今までの後悔を引きずるも、飛躍の糧とするも自分次第です。私はこの通信制で自分の人生を切り拓いてゆく力を得られました。卒業をステップに、次に進んでいきます!

    MESSAGE02

    高校の3年間は私にとって将来への通過点となりました

    H.K.

     卒業するにあたって、私はこの高校生活を苦でもあり良でもあると考えました。
     いじめを理由に学校を辞めて仙台育英通信制に入学。少々不安もありましたが、先生方が生徒の目線で接してくださったので気軽に話すことができ、良い生活を送ることができました。
     いじめを受けて学んだことがあります。それは「自分は自分でいること」。周りに合わせることは自分を苦しめ、相手をも苦しめます。素直になることで自分の気持ちをきちんと伝えることができるようになり、また新しい一皮むけた自分に出会うことができました。後悔しても過去には戻れません。自分のしてきたことを考え直し、また新たな気持ちで次の進路に進んでいきたいと思います。
     高校の3年間は私にとって、人生を変え、そして新しい道を切り開いてくれた将来への通過点となりました。

    MESSAGE03

    笑顔で過ごすことの出来た幸せな3年間でした

    T.K.

     「兄姉も卒業したし、学費も安いから」。それが自分の通信制に入った理由でした。生徒には中学を卒業して進学してきた人、高校の資格を取り直したい人、アルバイトをしながら通う人などさまざまな人たちがいて、関わり合っていくうちに自分も刺激を受けました。また、行事でILC青森や沖縄の人たちとの交流もあり、とても貴重な体験になりました。
     通信制にマイナスなイメージを持つ人もいると思いますが、人には持って生まれたものがあり、それに合った生き方があるはずです。皆が皆、「良い大学に入って、良い会社に就職して」などと言うほうが可笑しいです。「自分のペースで」という通信制の考えは、現代の人や流れに合った大切で貴重なものだと思います。
     これが自分の人生にとってベストな選択だったのかまだ分かりませんが、少なくとも家族や友達と毎日を楽しみ、笑顔で過ごすことの出来た幸せな3年間だったと言えるでしょう。

    MESSAGE04

    様々な考えの人たちと関われたことは視野が広まり貴重な経験になりした

    N.S.

     去年入学して今年卒業という短期間の在学なので、入学当初は、あまり思い出もないまま卒業するのだろうと思っていました。しかし、貴重な1年だったと思います。通信制には色々な人々がいて、それぞれ様々な考えを持っています。自分とは違う考え方を聞く機会は、とても貴重でした。視野が広まったと思います。
     私が前の高校で過ごした2年間は、とても楽しいとは言えない高校生活でしたが、振り返ってみると、自分で楽しくしていなかったのだと思います。編入してからは、自分のやりたいことが明確に見つかり、心にゆとりを持って生活をすることができるようにもなりました。
     最後に、自分をこの学校に入れて支えてくれ、時には喝を入れてくれた家族、そして仲良くしてくれた友人達には感謝しています。短い期間でしたが、ありがとうございました。

    MESSAGE05

    自ら学ぶ通信制のスタイルは自分にとても合っていました

    Y.M.

     私は全日制高校から転入という形で本校に転入してきました。
     全日制高校では決められた時間割にそって学習していくスタイルでしたが、通信制は自らが時間割を組んで学習していくというスタイルで、私にはとても合っていました。
     基本的に週1回のスクーリングなので、平日はアルバイトか勉強、趣味などに費やすことができ、この2年間はとても充実した時間を過ごすことができました。
     今後は本校で学んだことを生かしつつ、興味のある分野で深く学んでいけるよう、進学先の専門学校でしっかりと勉強に励み、努力していくつもりです。

    MESSAGE06

    自分と向き合える時が増えたので、未来への希望を持てるようになりました

    S.Y.

     この3年間、長いようで短いものでした。自分の時間がたくさん持てたので、将来について考えたり自分と向き合える時が増えたりして、未来への希望を持てるようになりました。自分がしたいことも見つけることが出来、今、あらためて前に進もうとしているのだと実感しています。
     自分のペースで勉強し、自分の意志で学んでいくことが、どれほど大切かを強く感じることができました。
     これからもここで培った様々なことを心に刻み、自分らしく生きていきたいと思います。辛いことや悩むこともこの先たくさんあると思いますが、強い心を持って乗り越えていきます。
     最後に、お世話になった先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。本当に3年間ありがとうございました。

    MESSAGE07

    春から美容の専門学校へ!楽しい2年間にします

    M.K.

     私は、中学、高校と不登校でした。ですが、高卒資格は取っておきたいと思い、通信制の高校に入学しました。通信制はスクーリングが土日のみで、後はレポートだけだったので、朝が弱い私でも、無理なく登校することが出来ました。先生方も気さくな方が多かったので、それも良かったと思います! 通ったのは2年間だけでしたが、仲の良い友達もでき、徐々にですが生活リズムも整ってきて、とても有意義に過ごせた高校生活でした。
     私は春から美容の専門学校に通います。通信制とは違い、毎日の登校、課題、新しい環境…と不安だらけです。でも、親も新しいスタートを応援してくれているので、自分の夢を叶えられるように、精一杯努力していきたいと思っています。楽しい2年間にしたいです!
     最後になりますが、先生方、今までたくさんのサポートをありがとうございました! これからも頑張ります。さようなら!(^_^)

    MESSAGE08

    みんな自分の夢に向かいながら勉強しているとてもステキな場所でした

    M.C.

     私はILC宮城に通いながらアルバイトをし、充実した学校生活を送ることができました。アルバイトが忙しく、レポート提出が遅れてしまうこともありましたが、優しい先生方のおかげで、こうして無事卒業を迎えることができました。本当に感謝しています。卒業後は、現在のアルバイト先での社員雇用が決まりました。通信制は自分の好きなことを、仕事をしながら自分のペースで勉強できます。はたから見ると、通信制はあまり良いイメージがないと思われますが、全くそんな事はありません。みんな自分の夢に向かいながら勉強している、とてもステキな場所です。私はILC宮城を選んで本当に良かったです。先生方もありがとうございました。

    MESSAGE09

    18年生きてきた中で一番やりがいと達成感を感じました

    S.O.

     全日制高校を辞めてからもうすぐ2年。何も考えず、辞めたい一心で辞めて通信制に移動したが、今まで一度も辞めたことを後悔した事はない。毎日働いて学校のレポートに取り組むという繰り返しをしていたある日、これから先の事が不安になり、資格を身につけていれば少しは有利なのではないかと考えた。仕事と学校に資格の勉強。三つはさすがにきつかったし辛かったが、たくさん勉強して一発で医療事務の資格に合格できた時は、18年生きてきた中で一番やりがいと達成感を感じた。途中で学校を辞めたり中途半端な人生を送ってきたりした中で、通信制に入って自分と向き合い、色々な経験もできてとても良かったと思う。働くことの大切さ、お金の大事さも同時に知ることが出来た。この2年間で自分を沢山成長させることが出来たと思う。無事に就職も決まったが、今まで以上に大変なことばかりだと思う。でも、社会人になるからには、一生懸命、精一杯頑張りたいと思う。

    MESSAGE10

    あんなに嫌いだった学校がいつからか楽しみになっていました

    R.O.

     通信制に来る前は、仙台育英学園の全日制過程に通っていました。
     しかし、中学生のころからのコンプレックスもあり、自分に自信を持つこともできず、「早く辞めたい」ということばかり考えていました。
     そんな時、当時の担任の先生が、通信制があるから、ひとまずそこへ行ってみてはどうかというアドバイスをくださり、私は辞めてしまうよりは良いだろうと、通信制に通うことにしました。
     最初は家でレポートをこなして土・日に通うという生活になかなか慣れることができず、不安でいっぱいでした。
     それでも通っているうちに友達もできて、あんなに嫌いだった学校が、いつからか楽しみになっていました。
     そんな日々との別れはとてもさびしいですが、ここでの経験を糧に、これから頑張っていこうと思います。本当に有難うございます。

  • 準備中です。