お知らせ

歌舞伎俳優 中村壱太郎さんによる『オンライン歌舞伎講座』を開催

日本伝統文化の一つ、歌舞伎
その奥深さについて学ぼう

  • ▲1年生の様子
  •  
  •  
  • ▲2年生の様子
  •  

 歌舞伎俳優である中村壱太郎さんにご協力をいただき、本学園で全国の学校で初の試みとなる『オンライン歌舞伎講座』を開催しました。対象は秀光の中学1・2年生で、1年生は7月28日、2年生が30日に体験しました。中村さんには生徒に温かい映像メッセージをいただくなど、以前から本学園と親交を深めてきました(詳細はこちら)。また中村さんは「ART歌舞伎」やYouTubeチャンネル開設など、新たな活動に精力的に取り組まれています。
 当日は関西にいらっしゃる中村さんと、秀光の宮城野校舎 体育実習室を遠隔でつなぎ(ZoomやYouTubeライブ配信を利用)、講話と実技を交えながら歌舞伎を学びました。

 講座は中村さんご自身の紹介から始まり、まずは約400年前から始まった歌舞伎の歴史を学びました。また、舞台の効果音を演出する『鳴物(なりもの)』も紹介され、太鼓の音色を聞いて何の音を表現しているのか生徒に答えてもらう、楽しいクイズ形式の時間も。歌舞伎の動きを知るコーナーでは、舞台上での歩き方や、太鼓の音に合わせて雨・風・雪など、天候を動きで表すことにも挑戦。中村さんのアドバイスをもとに、生徒も雪道を歩いたり雨を避けるように動きました。終盤は、中村さんが歌舞伎の演目”鷺娘(さぎむすめ)”のワンシーンを実演してくださったり、全員で『見得』の動きを習うなど、歌舞伎の奥深さに触れられる時間となりました。
 中村さんをはじめとする関係者の皆さま方、ありがとうございました。

 

 
 
〈中村壱太郎さん プロフィール〉
 1990(平成2)年8月生まれ。慶應義塾大学卒業。祖父に四代目坂田藤十郎(人間国宝)、祖母に扇千景、父に四代目中村鴈治郎、母に吾妻流三世宗家 吾妻徳穂という家系図。屋号は成駒家。
 2016年、世界的に大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」では、ヒロイン・三葉と四葉の姉妹が舞う巫女の奉納舞を創作した。歌舞伎の世界はもとより現代劇での主演もこなし、脚本執筆、演出にも挑戦するなど、マルチの才能を発揮している。