教育と進路

〈教育の特色〉 語学/Language

まだ見えないステージの扉が開く

パソコンを活用したWeblioでTOEFLが求める4技能を伸ばす

 
「授業中はすべて英語」で行われる外国人教師による英語Bの授業。(1、2年)
インターネット環境があれば個々のペースで学習が進められる
パソコンを使ったWeblio。
“Language”を教育の柱の一つとする秀光の英語教育は
すぐに世界に通じる実践的な内容です。
教育改革や2020年から始まる新大学入試制度にも対応した
密度と奥行きをもって進められています。

英語Bの授業はすべて英語で

  • 外国人教師による英語Bの授業で実践的な語学力を養います。
  • 英語B の授業では国際理解を目的とした“コミュニケーションツールとしての英語力”を養成する指導を行います。少人数編成で、授業中はすべて英語。一人一人が必ず英語を使う環境の中で、日常会話をはじめとする“生きた英語”を学びます。

大学進学後の留学を見据えTOEFL iBT60点を目安に

  • TOEFLテストへの指導を行います。目標はTOEFL iBT60点。iBT60点は大学進学後、海外留学する際に最低限必要な点数です。TOEFLで求められる英語をはじめとするコミュニケーション力、論理的思考力、問題解決能力は、IT教育で培われるものと高い親和性があります。
  • TOEFLでも求める英語4技能を効率的に伸ばしていくために、全学年がパソコンを使ったWeblioを進めています。Weblioとは、インターネットにアクセスして行うオンラインの英会話の授業で、英語でのコミュニケーション技能を高めていくことができます。

グローバル社会に対応できる人材

学年 受験予定TOEFL
高等学校の課程3年 TOEFL iBT(4技能)【60点以上】
高等学校の課程2年 TOEFL iBT(4技能)
高等学校の課程1年 TOEFL Junior Standard(2技能)【770点以上】
中学校の課程3年 TOEFL Junior Standard(2技能)
中学校の課程2年 TOEFL Primary Step2(2技能)【210点以上】
中学校の課程1年 TOEFL Primary Step 1(2技能)

100校近くに及ぶ海外姉妹校との国際交流活動も積極的に

  • カナダ、ニュージーランド、アイルランド、フランス、インドネシア、中国…。本学園は海外にある100校近くに及ぶ高校と姉妹校提携を結んでいます。海外姉妹校から高校生が本校を訪れる機会も多く、クラス交流や部活動の紹介、伝統芸能の披露などで国際交流を図っています。交換留学も行っています。
  • 中学校課程の3学年次には海外研修を実施します。グローバルリーダーシップ研修(2017年度はカナダ)を行い、現地での異文化体験や語学研修等を通して、英語力のアップを図ります。

Voice of Student

3年 久道さん
(下増田小出身)
 

英会話力をさらに高めてくれる
Weblioの授業もスタートしました

 
 外国の人とうまくコミュニケーションを取れるようになりたいと小学生の頃から思っていました。ネイティブの先生の授業は、どのように表現すれば思いがうまく伝わるかを自分で考え、話してみることを繰り返します。その積み重ねの中で私自身、英語の技能が着実に上達していることを実感しています。