2021年4月開校予定(認可申請中)

教育と進路

〈教育の特色〉 語学/Language

まだ見えないステージの扉が開く

国際的なコミュニケーションのための“生きた英語”を
自然に身につけていきます

 

1.Weblio

オンライン英会話「Weblio」で
英語4技能を効率的に伸ばします

 
  •  全学年を対象に、インターネットにアクセスして行うオンラインの英会話「Weblio」を導入。英語でのコミュニケーション能力を高めていきます。また、TOEFLで求められる英語4技能「聞く」「話す」「読む」「書く」を効率的に伸ばします。

2.TOEFL

IB教育で培われる能力は
TOEFLテストでも発揮できます

 
  •  TOEFLで求められる英語をはじめとするコミュニケーション力、論理的思考力、問題解決能力は、IB教育を通して身につけることができます。TOEFLテストに向けた指導を行い、TOEFL iBT60点を目指します。この60点は大学進学後、海外留学する際に最低限必要な点数です。

3.国際交流活動

海外姉妹校はおよそ100校!
留学生と学園生活を共にします

 
  •  本学園は海外12ヵ国100校近くの高校と姉妹校提携を結び、交換留学も行っています。海外姉妹校からの留学生も多く、高等学校課程1年生に転入学し、3年間を一緒に過ごします。2020年現在で3名の留学生が在籍し、日々の授業や部活動を共にしています。
 

こんな授業を進めています
MYP 英語【中学校課程1年生】

少人数編成で、一人一人が必ず英語を使う環境の中、
“コミュニケーションツールとしての英語力”を養成


 

日常会話をはじめとする“生きた英語”を学んでいく

 中学校課程、MYPの英語の授業では、国際理解を目的とした“コミュニケーションツールとしての英語力”を養成する指導からスタート。少人数編成で、一人一人が必ず英語を使う環境の中で、日常会話をはじめとする“生きた英語”を学んでいきます。中学校課程1年生の英語の授業の一つの例を紹介しましょう。

“英語で話すことに慣れる”をテーマに

 「1年生は、まず“英語で話すことに慣れる”をテーマとして、演劇の形での授業を行い、“人前で話す”体験をします」(ケリー・ウィンター先生)
 授業で、テキストとして取り上げられたのは、『赤ずきんちゃん』の物語。ヨーロッパの『赤ずきんちゃん(Little Red Riding Hood)』の物語には時代や地域によっていくつかのバリエーションがあります。そのいずれかの物語をグループに分かれて担当し、数週間かけて英語のセリフを練習して授業の中で発表します。

「全て英語で」を基本に、積極的にトライする

 「大きな声で、自信を持って、身振り手振りを交えて、人前で英語を話す。英語でコミュニケーションをとることの第一歩を、このような訓練から始めています」(ケリー先生)
 英語の時間中は、「全て英語で」を基本としています。
 「中学校課程1年生では“オール・イングリッシュ”というのは少し難しいのですが、できるだけ英語で言葉にしてみるよう指導しています。大切なのは、チャレンジしてみること。これにつきます」(ケリー先生)
 

こんな授業を進めています
DP 英語HL 【高等学校課程2年生】

「なぜ?」がIBの基本。創造的思考と批判的思考で
グループワークし、ディスカッションをして....


 

授業はテキストを含めて、“オール・イングリッシュ”

 高等学校課程2年生から始まるDPの英語の授業(英語HL*)は、より高度なものになります。授業はもちろんテキストを含めオール・イングリッシュで行われます。
 「Oxfordが発行するIBのテキストを中心に、IBのテーマに合う内容のオリジナルプリントや小説本を使い、グローバルなニュースや文化、小説を題材に授業を進めていきます」(ブライアン・スティーブンズ先生)

ディスカッションを通して“なぜ?”を追究していく

 DPでは2年間で10のテーマを取り上げて、授業を展開します。テーマは、Identities(自己実現)、Experience(経験)、Sharing the planet(地球を分け合う)など。
 「たとえば、Experience では、さまざまな国の違いについて“イギリス人はこうだけど、日本人はどこが違う?”といった質問をして、似たところ、違うところについてディスカッションをし、違うなら“なぜ?”を追究していきます」(ブライアン先生)
 「なぜ?」を考えるのがIBの基本。探究のためにグループワークし、ディスカッションを経て、どれくらい理解できたかを振り返り、ダイアリーを書いて確認していくのが授業の流れです。

プレゼンテーションはPCを使い、パワーポイントなどで

 また、Interview のレッスンでは、たとえば、あるサブカルチャーの人への質問項目を考え、ファッションや音楽の好みなどを想像して答えをつくり、本当にその人がいるように創造的思考と批判的思考を使って文章を作成していきます。
 「プレゼンテーションの際には、PCを使ってリサーチして情報を集め、パワーポイントなどにまとめて発表していくような作業を行っていきます」(ブライアン先生) 
*HL=上級レベル