コース紹介

国際バカロレアDPを
履修して、国内・海外の大学への
進学を目指します!
秀光コース 宮城野校舎男女

2020年度から外部入試(特待生採用選考)開始

国内外難関大学へ!
医歯薬系志望者のためのクラスも新設!!

秀光コース

  • 宮城野校舎
  • 男女

 「Language, Music & Science」を教育の軸に、国際社会で活躍するグローバリストを育てます。新大学入試制度に対応した少人数での探究型授業を実施。国際バカロレア認定校としてIB資格を利用した国内外の主要大学への進学を目指します。

 

※秀光コースは2020年度入試から外部入試(特待生採用選考)を行っています。

秀光コースの目標

  • 教育目標

    高度な学力・豊かな感性・生涯学習者としての自覚を持ち、持続可能な社会の構築のため “至誠“ によって貢献するグローバルシティズンの育成。
  • 進路指導目標

    医歯薬系を含む国内難関大学・海外大学へ、主に一般選抜・総合型選抜(IB入試を含む)・海外大学入試を活用して進学することを目指す。

こんな目標を持っている人へ

  • 医歯薬系を含む国内難関大学・海外大学への進学をめざす
  • 少人数での探究型授業で実力を磨きたい

秀光コース4つのポイント

  1. 論理的思考力等を養う

    「Language, Music & Science」を教育の軸とし、IB教育プログラムによる探究型の概念学習を通して、論理的思考力等を養います

  2. 医歯薬系大学、国内スーパーグローバル大学を目指す

    国際バカロレア認定校として、DP*資格利用の国内外の医歯薬系大学、国内のスーパーグローバル大学等への合格を目指します。

    *DP:Diploma Programme。秀光コースでは、DLDP(日本語と英語のデュアルランゲージ・ディプロマプログラム)で行います。
  3. 医歯薬系大学希望者のためのクラスも

    医歯薬系大学への進学希望者のためのクラス「MAP*」を新設。特別進学コースの医歯薬系大学希望者と共に学びます。
    *MAP:Medical Academic Programme

  4. 最新のICT環境と体験学習

    一人1台のノートパソコンと最新のICT環境で、英語でのコミュニケーションスキルやプレゼンテーションスキルを養成します。

探究する姿勢や論理的思考力、問題解決能力を養う論文執筆

第1学年時には、各自のテーマに基づき、MYP(Middle Years Programme)のPersonal Projectとして、観察したことや行ったこと、調査したことなどを最大6,000字のレポートにまとめて作品や成果とともに発表します。また、第3学年ではDP(Diploma Programme)選択者は、学習の総まとめとして、DPで履修している科目の中から自分で選んだテーマに関して独自の研究調査を行い、Extended Essayとして論文(日本語で最大8,000字、英語は4,000ワード)にまとめます。
国際バカロレアの学習プログラムで、自ら課題を設定して探究する姿勢や論理的思考力、問題解決能力、表現力など今後さらに必要とされる力を育成します。

主な進路実績

  • 東京大学
  • 京都大学
  • 東北大学
  • 北海道大学
  • 慶應義塾大学
  • 早稲田大学
  • 上智大学
  • 東京理科大学
  • 明治大学
  • 青山学院大学
  • 立教大学
  • 中央大学
  • 法政大学
  • 学習院大学
  • The University of Melbourne
  • The University of Adelaide
  • The University of New South Wales
  • …他

※秀光《旧秀光コースおよび秀光中等教育学校》第1期生(2002年卒)〜第20期生(2021年卒)までの実績

在校生からのメッセージ

Student Voice 01
日々の授業(IBDP)

コミュニケーション重視の授業スタイルが魅力です

2年・水沼くん(秀光中等教育出身)

  IBDPは一人一人コミュニケーションを取りながら授業を展開するのがとても魅力的で、自分の性格に合っています。「文学」の授業では、たくさんの本を読み、時代背景などを調べて順番にプレゼンテーションを行います。聞く力がつき視野が広がりました。

 
Student Voice 02
日々の授業(IBMYP)

伝わりやすい表現方法を考え、楽しんでいます

1年・青木さん(秀光中等教育出身)

 MYPの最終課題PP(Personal Project)に取り組んでいます。性的マイノリティをテーマに論文からさらに伝わりやすい形をと、小説の執筆を考えています。授業のプレゼンテーション資料も、より分かりやすい表現を考えながら楽しんで作成しています。

※学年は2021年時点のもの