教育と進路

IBMYP認定校

東北で初、本校がMYPを提供する
国際バカロレア認定校になりました


MYPとは

 MYP(Middle Years Programme)は、IB(International Baccalaureate=国際バカロレア)の中等教育カリキュラムで、11歳から16歳を対象としたものです。スイス・ジュネーブに本部を持つ国際バカロレア(IB)機構が提供する、国際バカロレア(IB)は、1968年にチャレンジに満ちた総合的な教育プログラムとして、世界の複雑さを理解してそれに対処できる生徒を育成し、未来への責任ある行動をとるための態度とスキルを身につけさせる内容となっており、国際的に通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートをひらくことを目的として設置されました。MYPに続くプログラムであるDP(Diploma Programme)は16〜19歳を対象としています。そのカリキュラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入試資格(国際バカロレア資格)の取得が得られます。

国際バカロレア機構からのIBMYP・IBDP認定証
  【秀光中等教育学校および仙台育英学園高等学校】

  • 【MYP】
  • 【MYP】
  • 【DP】
  • ※クリックで拡大します。


2020年から始まる新大学入試制度にも対応

 国際バカロレア資格取得と直結するDPの前段階のプログラムであるMYPでの授業により、論理的思考力や問題解決能力などが培われ、教育改革や2020年から始まる新大学入試制度にも十分に対応できる能力が育っていきます。平成30年3月、国際バカロレア機構からMYP実施校として認定され、MYPからDP、そして国際バカロレア資格取得までの一貫したプログラムを秀光の6年間一貫教育の中で実践していくことが可能になりました。MYP実施校の認定は東北ではじめてです。


本校生徒が身につけていく“3Be”を養うことにも

 MYPにより、生徒がより広く複雑な、グルーバルな視点を持って課題に対処する能力を身につけていくことにより、秀光生として身につけていくべき3つの態度を着実に養っていくことになります。


秀光中学校卒業後は内部進学選抜試験を経て
希望する他のコースへの進学も可能

 2019年4月入学予定の生徒は、秀光中等教育学校前期課程で1学年次まで過ごし、2学年次には仙台育英学園秀光中学校へ編入することになります。

 仙台育英学園秀光中学校を卒業後には、面接等による内部進学選抜試験を経て、仙台育英学園高等学校の秀光コースへ進学、あるいは自身の希望する仙台育英学園高等学校の他のコースへの進学が可能です。*:仮称、設置計画中