2021年4月開校

教育と進路

〈教育の特色〉音楽/Music

あなたとつながる世界がある

Global Educationの一環としての音楽を通して
豊かな感性と社会性を育てます

 

1.管楽器

一人一人の担当楽器を定めて、
演奏能力を高めていきます

 
  •  初期の段階ではフルートやクラリネットなどの基本的な管楽器をひと通り体験します。中学校課程2年生で担当楽器を決め、演奏能力・合奏能力を高めていきます。部活動では弦楽器にも挑戦し、秀光オーケストラとして、管楽器と弦楽器による演奏活動を行っています。

2.秀光祭

ステージで練習の成果を発表、
自己表現力を養います

 
  •   “Language, Music & Science”の学習成果の発表の場として、毎年、宮城野校舎のゼルコバホールで、秀光祭を実施しています。ステージ上でクラスごとの合唱や学年全員による吹奏楽合奏、オーケストラ部による管楽器・弦楽器などの発表を通して、人前で自己を表現し、伝える能力を養います。
 

3.日本伝統文化&和楽器

三味線の演奏に挑戦しながら
日本伝統芸能や音楽を学ぶ

 
  •  日本の伝統音楽を知る時間として、最初に歌舞伎などの日本伝統芸能の全体を見渡し、和楽器の一つである三味線の演奏に挑戦します。「さくらさくら」や「荒城の月」、現代曲の「涙そうそう」などの曲を通して演奏技術を学びます。

4.ジョイントコンサート

プロ演奏家と同じステージに立ち
音楽での交流活動を展開

 
  •  プロ演奏家との共演などを通して、音楽での文化交流活動にも積極的にチャレンジしていきます。これまでに、仙台フィルハーモニー管弦楽団や山形交響楽団とのジョイントコンサートを宮城野校舎ゼルコバホールで開催しました。

こんな授業を進めています
MYP 音楽 【中学校課程3年生】

“CMソングって、どんなふうにできているんだろう?”
疑問から始まり分析、創作し、評価し合い....


 音楽の授業では楽器の演奏に加えて、ユニークな創作活動にも取り組んでいます。授業の例を紹介しましょう。
 「テレビなどで放映されているコマーシャルソングって、どんなふうにできているんだろう? こんな問いかけから創作の授業がスタートしました」(音楽担当・牛渡純先生)
 まずは既存のコマーシャルソングをリサーチ。見えてきたのは「簡単で短い」ということ。楽譜を書いてみたら、とても簡単な音(メロディや和音)でできていることがわかりました。短い中にメーカー名と商品名、そして印象に残るメロディ。
 「生徒たちが既存のコマーシャルソングを分析してみて、発見できたことをもとに、自分たちの好きなお菓子を素材にオリジナルのコマーシャルソングを創作してみることになりました」(牛渡先生)
 3、4人ごとのグループに分かれて創作を開始。1時間目でそれぞれのグループごとに作曲し、2時間目にはピアノなどで伴奏を入れながら、それぞれの作品を聴き合い、評価し合いました。
 
  •  
  •  オリジナル・コマーシャルソング作曲の手始めは、既存のコマーシャルソングについての分析。その結果にもとづいてグループに分かれてオリジナルソングを作詞・作曲。楽譜に起こし、伴奏を加え発表。発表の様子は動画に収められました。

 

こんな授業を進めています
DP Music 【高等学校課程2年生】

音楽を通して未知のジャンルに出合い、興味を抱き、
味わうことで、人生はより豊かなものに


  秀光では中学校課程1〜3年生の段階で音階などの基礎知識を身につけ、楽器を1種類は演奏できるように学んでいます。これに続く高校のDPでの音楽は、あくまで生徒が主体になって進めます。
 「自分で調べ、演奏し、分析・探究し、そして振り返りというプロセスで、人生がより豊かになる有意義な授業を心がけています」(DP音楽担当のケリー・ウィンター先生)
 DPでの音楽の評価は、①演奏(50%)②異なる音楽文化の楽曲を比較する英語(2,000ワード)による研究論文(20%)③出題されたジャンルの音楽について「どこの国、いつの時代のどのジャンルなのか」のExam(30%)によって行います(%は配点の割合)。授業、使用する音楽用語、提出するレポート、研究論文もすべて英語です。
 英語での論文提出等、厳しいところもありますが、ケリー先生は「音楽は“楽しい”ものでなければなりません」と話します。
 「そのために、たとえば音楽家が生きた歴史や時代背景、人物像を調べるにあたって、“ロールプレー”のスタイルで、バロック音楽ではヘンデルやバッハになりきってティーパーティーを開催するといった授業も試みています。新しいジャンルに興味を持ち、未知の存在に出合うことは、今後の人生を豊かにし、コミュニケーション力も育まれます」(ケリー先生)
 
  •  

音楽を通して国際社会で活躍できる
グローバルシティズンを目指して

 
 グローバルシティズンになるためには、コミュニケーションに必要な技術や能力を備えなければなりません。秀光では音楽による情操教育によって、豊かな感性や自己表現力、そしてコミュニケーション力を身に付け、国際社会が身近なものに感じられるよう指導していきます。
  •  
  •