教育と進路

〈教育の特色〉科学/Science

未来を切り開く学びの旅が始まる

医歯薬系を目指す生徒のための専門性の高い実験講座


「持続可能な社会の構築に至誠を持って貢献するグローバリストの育成」を
教育目標として掲げる本校にとって、
“科学する心”の育成もまた、深く取り組むべきテーマの一つです。
不確実性のある未来において、持続可能な社会を創るグローバリストには
世界の原理・仕組みを科学の面から捉える科学的探究心、知的好奇心が不可欠です。
探究力、問題解決能力、創造的・批判的思考力などの養成を目指す
国際バカロレア(IB)の学習プログラムのもと、
実験などの"体験"を重視した指導を行っています。

最新の実験設備が整った環境とともに実験を重視した授業を展開

  • 理系教科では、実験を重視した授業を行っています。実験や研究活動による“体験”を通して、科学的探究心の深化を図ります。

高度な専門分野の実験・実習で“科学する心”を深めていく

  • 東北大学の全面協力を得て、理科実験講座『サイエンス・コ・ラボ』を2012年度から始めました。“科学的探究心を磨こう”のスローガンのもと、東北大学の研究者を年7回程度招き、指導を受けながら専門分野の実験・実習を、高等学校課程1・2学年次の希望者を対象に行っています。講座は土曜日の午後等の時間を使って、課外活動として実施しています。

医歯薬系大学への進学対策

  • 医歯薬系大学・学部への受験が円滑に行われるように、小論文や面接などの専門的な指導を独自に行っています。
サイエンス・コ・ラボ

「サイエンス・コ・ラボ」とは、秀光中等教育学校と仙台育英学園高等学校特別進学コースの生徒が合同で行う理科実験講座。東北大学から専門の先生を招き、指導を受けながら高校の学習指導要領を超えた専門性の高い理科の実験・実習等の活動を行うことで、理科系専門職を志している生徒の科学への視野を広げ、探究心を深めます。難関大学への進学を目指す生徒にとっては、その準備・実力養成の場としての役割を担っています。最新の実験装備が整った宮城野校舎理科実験室で実施します。

Voice of Student

6年 髙橋くん
(石巻小出身)

大学レベルの高度な専門性をもった
特別講座「サイエンス・コ・ラボ」

 
“ナノ材料の合成と機器分析”…私が参加したサイエンス・コ・ラボのテーマです。専門的な実験に直接触れることで、探究心が大いに刺激されました。宮城野校舎に続いて東北大学でも実験を実施。予想通りとても興味深い内容で、私の科学への関心はより深まりました。