2021年4月開校予定(認可申請中)

お知らせ

秀光『第1回宮城県年金ポスターコンクール』で入賞しました

助け、支え合う社会をイメージして
ポスターを作成しました

 宮城県内の中学生を対象に開催された『第1回宮城県年金ポスターコンクール』(日本年金機構・宮城県内年金事務所主催)において本校生徒2名のポスターが入賞しました。秀光中等教育学校2年の鈴木優香さん(岩切小出身)が厚生労働省東北厚生局長賞《全応募作品から1点》に、同じく2年の小舘美冬さん(袋原小出身)が入選《全応募作品から5点》に選ばれました。
 11月29日(金)に、東北厚生局、仙台東地域代表年金事務所の方が本校を訪れて、賞状を授与してくださいました。受賞した自分の作品を前に、鈴木さんは「第1回目のコンクールで受賞することができて嬉しい」、小舘さんからは「絵を描くのが好きなので、嬉しいです。家族にも自慢したいです」と笑顔で話してくれました。入賞作品は後日、県内6ヶ所の年金事務所に掲示されるとのことです。
 

鈴木優香さん 秀光中等教育学校2年(岩切小出身)


 
 私のポスターは定禅寺通りをテーマにしています。並木道の表現と家族が仲良く歩いているという風景を表せるように、時間はかかりましたが、とても力をいれました。 放課後や夏休みを使って、小舘さんと一緒に教室でポスターを描いていたので、その頑張りが受賞という結果につながったのかもしれません。形になって嬉しいです。来年、第2回があったときにもぜひ応募してみたいと思います。  

小舘美冬さん 秀光中等教育学校2年(袋原小出身)


 
 資料として年金についての冊子を読んでから描きたい絵を決め、ポスターの文字も自分で考えました。描いた家族は、私の家族のイメージを重ねました。お母さんは脚が少し悪くて、年金は高齢の方だけではなく障がいがある方も対象ということを意識して描きました。
 普段から美術の授業で校舎を写生したり、デッサンをしています。今まで絵を描くことが好きでも、自分の絵にあまり自信が持てなくて…でも今回の入賞に自信をもらいました。これからはもっと絵を描いて、自分の趣味にしていきたいと思っています。